大手口コミサイトで地域NO.1加古川一オシャレな整骨院、美と健康を創造する

腰痛

こんなことでお悩みではないですか?

  • 長時間の立ち仕事、座り仕事で腰に負担がかかりやすい
  • 普段から運動をすることがほとんどない
  • 姿勢が悪いとよく言われる
  • 腰が痛くて、ついついかばう姿勢をとってしまう
  • ぎっくり腰を繰り返している

悪化するとこうなる!?腰痛放置の危険性

ぎっくり腰を起こしてしまう

ぎっくり腰は腰に大きな負担がかかったときに起こりますが、もともと腰痛持ちの方はちょっとした衝撃でぎっくり腰になってしまうことがあります。

下半身にしびれが出る

腰痛が悪化すると、坐骨神経痛と呼ばれるお尻から足にかけての辛いしびれに発展してしまいます。

椎間板ヘルニアになる

慢性的な腰痛は、椎間板にストレスをかけ続けます。ストレスで椎間板が傷つくと内容物が外にはみ出してしまい、腰の神経を圧迫するようになって痛みが起こります。

姿勢がどんどん悪化していく

腰をかばう姿勢がクセとなり背中が丸まってしまいます。
猫背は下半身に負担をかけるので更なる腰痛を起こす引き金になります。

腰痛が自然治癒しにくいワケとは?

腰は「歩く」「座る」「スポーツ」常に体を支える役割を担っており、まさに身体の要です。
そのため、腰痛を起こしてしまうとどんな動作にも痛みがついてまわり、なにか行動をおこす意欲さえ失われてしまいます。

では、腰痛はなぜ起こるのか考えてみましょう。

  1. 姿勢によって体が歪んでしまい腰に負担がかかっている
  2. 運動不足
  3. 激しい運動や、繰り返しの動きによる筋肉の疲労

腰痛の原因として一番ポピュラーなのは1です。
長時間同じ姿勢が続いたり、日常生活の中での繰り返し動作によって筋肉に負担がかかると身体の歪みとなります。

歪みにより筋肉の緊張が強くなってしまったり、そこから背骨に歪みが起こってしまうと腰に痛みや違和感が出てきます。
一度背骨に歪みが生じると、脳はそのねじれた状態を楽だと感じ、そのままキープしてしまいます。
歪んだ骨に腰の筋肉が引っ張られ続けると、筋肉は常に緊張状態となり痛みは悪化していきます。
その状態で湿布を貼ったりストレッチを頑張っても、歪みが取り除かれない限り根本的には改善しないのです。

「まだそんなに痛くないから大丈夫!!」と思いほったらかしにしていると、悪くなることはあっても、良くなる事はありません。
痛みが出てからでは治るまで時間がかかりますので、少しでも腰に違和感を感じましたら早めにひだまり鍼灸整骨院にご来院下さい。

加古川ひだまり鍼灸整骨院の腰痛に効くポイントをご紹介!


ひだまり鍼灸整骨院は腰痛治療は得意な治療の1つです。
軽い腰痛から、日常生活が困難な患者様までしっかりと治療させていただきます。

お問い合わせはこちら | 加古川市加古川町 ひだまり鍼灸整骨院

0794258292

TOPへ戻る