大手口コミサイトで地域NO.1加古川一オシャレな整骨院、美と健康を創造する

オスグット病について

2021年05月14日

こんばんは!

ひだまり鍼灸整骨院の片山です!

オスグット病は成長痛ともいい、10から14歳の成長期のスポーツ選手に多く起こる、膝のお皿の骨(膝蓋骨)から数センチ下の部分(脛骨粗面)の腫れや運動時の膝周りの痛みが主な症状で、これは怪我というよりもスポーツを行う上で起こる負荷を繰り返すことで生じるスポーツ障害の一種です。

膝蓋骨と脛骨粗面は膝蓋靭帯という靭帯で繋がっていて、ジャンプやランニングといった動作を繰り返すスポーツをまだ未熟な成長期に行うことで、脛骨粗面の骨や軟骨が炎症を起こしたり、部分的に剥離を起こしている状態です。

オスグットでよくあるのは、大腿四頭筋という、大腿直筋・外側広筋・中間広筋・内側広筋の4つの筋肉を指す筋肉で、太ももの前側にある筋肉の緊張です。

これら4つの筋肉は全て膝蓋骨についていて、膝蓋靭帯を通して脛骨粗面に付着しています。

大腿四頭筋の役割は膝を伸ばすための筋肉ですので、ジャンプしたり早く走ったりする際に使われますが、同時に膝を曲げるときのクッション的な役割も持っています。

日常生活でも非常に重要な役割を持つ筋肉です。

 

筋肉の緊張が脛骨粗面への負担を増す。

大腿四頭筋が収縮するときに筋肉が硬く張った状態ですと、膝蓋靭帯がひっぱる脛骨粗面の負担が増し、その負担が脛骨粗面の痛み、つまりオスグットにつながります。

 

成長痛と言われるけど

上記にもある通り、成長期によく起こるので成長痛とも言われますが、これは不完全な認識であると言えるでしょう。

 

オスグット病の根本的な原因は、スポーツなどで緊張して硬くなった筋肉が痛みを引き起こしているからです。筋肉が硬くなっている状態では一層疲労もたまりやすくなり、その疲労がさらなる緊張を生み出すといった悪循環につながります。なのでその筋肉の緊張を緩め、ほぐしてあげる必要があります。

 

総体シーズンがやってきます( `ー´)ノ

3年生は最後の総体かと思います。全力で競技ができるように最後まで治療をしていきましょうヾ(≧▽≦)ノ

 

 

【肩こり】【腰痛】【頭痛】【スポーツ障害】【骨盤矯正】【交通事故治療】

でお悩みの方は、

加古川市のひだまり鍼灸整骨院へ✨

〒675-0038

兵庫県加古川市加古川町木村65-5

TEL 079-425-8292

ご予約は、

お電話、もしくは24時間対応のLINEでお願いします✨

LINEID:uav7511w

柔道整復師・鍼灸師 宮原洋平 監修

お問い合わせはこちら | 加古川市加古川町 ひだまり鍼灸整骨院

0794258292

TOPへ戻る