大手口コミサイトで地域NO.1加古川一オシャレな整骨院、美と健康を創造する

姿勢が悪いと…(首)

2022年06月24日

こんにちは!

加古川市のひだまり鍼灸整骨院です!

ストレートネックと聞くこと、ご自覚ある方おられますが…

実際どういったものなのかを説明していきます!

・よく聞くストレートネックとは?

ストレートネックとは、

本来人間の頭は緩やかに前に反って湾曲を持った首の骨で支えています。

それが、日常的に首を前に出した姿勢をし続けることによって、

文字通り真っ直ぐになってしまった状態のことです。

首は頭を支えていますが、頭は体の中でも重く、

少し傾くだけで首には何倍もの負担がかかるのです。

成人の頭の重さは約8~10kgあると言われており、

首から背中にかけての骨と、首や肩、背中の筋肉がこの重さを支えています。

少しうつむくだけで、頭の重さの数倍の負荷が首にかかります。

首が前に傾くほど首にかかる負荷は増え、

最も姿勢が悪いと

小学校3年生の児童の平均体重に相当する負荷がかかると言われています。

うつむく角度によって首にかかる負担は大きくなります。

頭の重心がそのまま首にかかり、

その結果、体に様々な不調を与えることとなってしまいます。

・ストレートネックになる主な原因

①スマートフォン

ストレートネックは「スマホ首」と呼ばれるくらいスマホが大きく関わっています。

スマホを操作する時、

机の上または胸元に手を置きスマホを持っているので、

顔より下にスマホがある状態になっています。

その状態は自然とうつむく姿勢になってしまうので、

頭部の重心は前にかかり、首には大きな負担がかかるのです。

また、上記のようにうつむく角度によって、

首の骨にかかる負担の大きさが変わってくるとされています。

②パソコン

パソコンでの作業も、

モニター画面を覗き込むような前かがみの姿勢になりやすく、

長時間のスマホの操作と同じく、首に負担をかけるだけでなく、

背骨や骨盤の歪みの原因にもなってしまいます。

③読書等

長時間のスマホ操作やパソコン作業と同じで、

椅子に座ってうつむいた状態のまま読書をすることにより首に大きな負担をかけ、

ストレートネックになってしまうリスクが高くなります。

④高さの合っていない枕

高すぎる枕を使用するとストレートネックの原因になってしまいます。

睡眠時、高すぎる枕を使用すると頸椎が圧迫され、

首や肩に大きな負担がかかって、

周りの筋肉が緊張してしまいます。

その為朝、起きた時に首や肩の痛みが生じてしまい、

結果としてストレートネックを作ってしまう原因になります。

これらの原因は、ストレートネックになるだけでなく猫背にもなってしまいます。

・ストレートネックになるとどうなるのか?

首の中には

脊柱管と呼ばれる頭(脳)へ血液を運ぶ血管や脊髄の通り道、

体の各所へ繋がる神経が出ています。

そこに過度な負担がかかると、

首を支える筋肉が緊張し固くなります。

現代社会ではパソコンやスマートフォンは欠かせないものとなっています。

主な症状は、

振り向けない等、首の動きの悪さ、首の痛みや重さ、

頭痛、めまい、吐き気、食欲不振、そのほか自律神経の不調などです。

軽い方ですと、慢性的なだるさや倦怠感、

「何となくやる気が出ない。」といった症状を訴える方もいます。

・ストレートネックにならない為にはどうすれば…。(予防)

立っている時には、

足は肩幅ぐらいに開き親指の付け根、

小指の付け根、かかとの3点に体重が乗るように意識し、

横から見たときに、耳からくるぶしが一直線に並ぶようにして立ちます。

スマートフォンを持つ手は肩をすくめずに、

スマートフォンを持つ手の反対の手で肘を支え、

挙げられるくらいの高さで胸の前方持ってくるようにします。

座っている時は、

骨盤をまっすぐ立たせて、足の裏を床につけます。

膝と股関節を110度程度に開き、

骨盤の上に腰椎が真っすぐに乗っていることを意識して座ります。

こうすると腰への負担が軽減され、

腰椎の上にある脊椎や頭もきちんと身体に乗るため、

首や肩への負担も軽減し、長時間座っていても疲れを感じにくくなります。

この姿勢を保ったまま、

太ももの長さの半分と目線を結んだ位置より

やや先にスマホがくるように持つのがベストです。

パソコンは、

ディスプレイが目線と同じかやや下になる高さで使うようにします。

パソコンを使うときも、

軽く胸を張って椅子に深く腰かけ、

足裏全体が床に接するように座ります。

ディスプレイは目線と同じ、

もしくはやや下になる高さで、40cm以上距離をあけて使用するようにします。

ノートパソコンを使用する場合は、

スタンドなどを使って目線を調整するといいでしょう。

 

また、加古川市のひだまり鍼灸整骨院では、

同じ症状を繰り返さない為、

生理的な湾曲を少しずつ改善させていく為に、

姿勢の矯正の施術をさせていただいております!

筋肉が柔らかくても、

大元の姿勢(緩やかに反っている首の背骨)が悪いと

1~2日経つと症状がまた戻ってしまうことになる為、

僕たちは姿勢を診させていただいております。

症状に関わっている筋肉はもちろん、

根本である姿勢から僕たちと一緒に変えていきませんか?

気になった方、実際にお困りの方、一度ご連絡くださいね!

 

【肩こり】【腰痛】【頭痛】【スポーツ障害】【骨盤矯正】【交通事故治療】

でお悩みの方は、

加古川市のひだまり鍼灸整骨院へ

〒675-0038

兵庫県加古川市加古川町木村65-5

TEL 079-425-8292

ご予約は、

お電話、もしくは24時間対応のLINEでお願いします!

LINEID:uav7511w

柔道整復師・鍼灸師 宮原洋平 監修

 

鍼を刺すとどうなるの…?

2022年06月17日

こんにちは!

加古川市のひだまり鍼灸整骨院の山田です!

鍼治療のメカニズムについてです。

まず「鍼」と聞くと、

『注射に似ているのでは?』や

『痛そう…。』、『怖い』等…

思われている方が多いように思いますが、

加古川市のひだまり鍼灸整骨院で使っている鍼はもちろん、

施術中の感覚も注射等とは大きく異なります!

鍼は髪の毛と同じくらいかそれより細いものを用いて、

身体の表面~指の届かない箇所を接触、刺入し

身体に一定の機械的刺激を与えて、

それにより起こる効果的な生体反応を利用して生活機能を改善、

症状の改善から予防まで幅広く施術可能な方法になります。

メカニズムとしましては、

まず私たちヒトの身体には、

元々病気や怪我を治そうとする力「自然治癒力」が備わっています。

例えば、施術にて皮膚に鍼が刺さったとします。

すると、鍼が刺さった刺激により細胞が「組織を壊された!」と認識します。

これにより壊れた組織を修復するために、

鍼を刺した箇所やその周りに白血球が集まってきます!

この白血球が自然治癒力を向上させる働きをするため、

鍼の施術により自然治癒力を向上させることができます!

また、同時に皮膚を保護しようとするために、

コラーゲンやセラミド等皮膚にとって大切な成分を積極的に生成するという働きもあります!

この効果を応用したものが、最近流行りの美容鍼灸の施術です!

これらの大きく2つの作用により、

新陳代謝が活発になる、また血液の流れを改善が可能になるため、

生活機能の改善や、症状の改善や予防が可能になります。

基本的には中々指では届かない筋肉に対する施術になるため、

蓄積され硬くなった筋肉にはもちろんですが、

肩や腰、膝や肘等の痛みや

可動域制限がある方も改善が狙える施術になります。

症状によりこちらからおすすめすることもありますが、

気になっている方、長いこと症状にお困りの方、一度ご連絡くださいね!

 

【肩こり】【腰痛】【頭痛】【スポーツ障害】【骨盤矯正】【交通事故治療】

でお悩みの方は、

加古川市のひだまり鍼灸整骨院へ

〒675-0038

兵庫県加古川市加古川町木村65-5

TEL 079-425-8292

ご予約は、

お電話、もしくは24時間対応のLINEでお願いします!

LINEID:uav7511w

柔道整復師・鍼灸師 宮原洋平 監修

 

走ったり蹴ったり…。股関節が痛いの何で!?

2022年06月11日

こんにちは!

加古川市のひだまり鍼灸整骨院の山田です!

サッカーをしている方や陸上競技をしている方、

ボールを蹴る瞬間や長距離走った際に股関節の前側が痛くなる事ありませんか?

今日はそのような症状でお悩みの方に1つの症状をお伝えします。

1つの可能性として考えられるのが【グロインペイン症候群】です。

グロインペイン症候群は鼠径部痛症候群とも呼ばれ、

サッカー選手や陸上競技のプレイヤーによく見られます。

腹部に力を入れる動作、主にランニングや起き上がり、キック動作をした際に

下腹部から太ももの内側にかけて放散的(ビリビリと)に痛むのが特徴です。

股関節自体に問題がある場合もありますが、

股関節の周辺にある筋肉が痛みの原因となることもあります。

改善しないといけないのは

太ももの内側の筋肉の柔軟性、

お尻の筋肉の柔軟性、

太ももの後ろの筋肉の柔軟性、

腰の筋肉の緊張緩和

になります。

グロインペイン症候群の施術は、

保存的治療が効果的であり前述した通り、

各々の筋肉の柔軟性を改善させたり上手に動作させるように施術していきます。

また、一度改善した後に繰り返す症状にしない為に

蹴り方や走り方等も改善させていく場合もあります。

その際に必要であれば姿勢矯正の施術をさせていただき、

痛みの根本から改善を狙っていきます!

よく相談を受ける内容ですが、

スポーツの休止をする場合は症状の進行状況にも寄りますが、ごく稀です!

基本的にはスポーツ活動を続けながらも改善させていくことが可能です!

また、柔軟性を施術の中で改善させていく中で、

自宅にてご自身で簡単に行えるストレッチ等もお伝えしています!

この症状は一度なると治りにくい疾患です。

実際にお困りの方、違和感を感じている方、話を聞いてみたい方、1度ご連絡くださいね!

スポーツを痛みなく楽しく続ける為、

同じ症状を繰り返さないようにする為、

僕たちと一緒に正しく施術していきませんか?

 

【肩こり】【腰痛】【頭痛】【スポーツ障害】【骨盤矯正】【交通事故治療】

でお悩みの方は、

加古川市のひだまり鍼灸整骨院へ

〒675-0038

兵庫県加古川市加古川町木村65-5

TEL 079-425-8292

ご予約は、

お電話、もしくは24時間対応のLINEでお願いします!

LINEID:uav7511w

柔道整復師・鍼灸師 宮原洋平 監修

必見!むくみ解消!

2022年06月3日

こんにちは!

加古川市のひだまり鍼灸整骨院の山田です!

【足がむくむ】、【腕がむくむ】、【顔がむくむ】等…。

女性を中心によく言葉にしたり、聞く【むくみ】についてです!

メカニズムを理解し、正しく改善、予防していきましょう!

夕方になると朝履いていた靴が窮屈になると感じたこと、

足首が動かしにくいことはありませんか?

それは、足のむくみによるものです。

同じように腕や顔が起こりやすい部位ですが、

基本的に座ったままや立ちっぱなし、

車の長距離運転やデスクワーク等、

同じ姿勢を長時間続けることでむくみが起こりやすくなります。

特に夏は、むくみになりやすい季節です。

そのまま放置しておくと、

体が疲れやすく夏バテや食欲不振等、

体調不良につながることもあるので、早めの対策が必要です。

今回は特に悩みになりやすい【足のむくみ】についてお伝えします!

足がむくむメカニズム

夕方になると足がむくむのは、前述した通り、

座りっぱなしや立ちっぱなし等で

血液の流れがふくらはぎに滞ることで生じます。

血液は心臓から動脈を通って酸素や栄養分を全身の細胞へ届けていますが、

同時に細胞から排出される二酸化炭素や

身体にとって不必要になる老廃物を回収しながら、

静脈を通って心臓に戻っています。

血液が心臓に戻るためのポンプの役割を担っているのが、

ふくらはぎの筋肉です。

ところが、デスクワークや立ちっぱなし等で、

長時間同じ姿勢の状態を続けていると、

ふくらはぎの筋肉の動きが少なくなるためポンプの働きが弱くなり、

血液が心臓に戻りにくくなります。

そのため、血液や老廃物がふくらはぎに滞り、むくみにつながります。

むくみには、一過性のものと慢性的なものがありますが、

「静脈還流障害」の初期症状の場合もありますので、注意が必要です。

また、人間の体内の水分は、

代謝によって一定量に調整されていますが、

夏場は気温の上昇により、水分の摂取量が多くなるため、

水分代謝がうまくいかなくなり、余分な水分などが皮膚の下に溜まった状態になります。

これもむくみにつながるため、夏場はむくみやすい季節になります。

むくみの原因

むくみの原因は、

長時間同じ姿勢で過ごす、運動不足などによる筋力の低下、

過度なダイエット、塩分の過剰な摂取、

そして、夏場に注意したいのが

エアコンの効いた空間に長時間いることで、

体温を調節する発汗などの自律神経の働きが弱くなってしまうことです。

お漬物をたくさん食べた次の日は目が腫れますよね…。これもむくみの1つです。

また、夏はエアコンに加えて、

冷たい水や食べ物を摂ることが多くなるため、

体が冷えて血行不良にもなりやすくなります。

そうなると、毛細血管まで血液が循環しなくなり、

血液やリンパの流れが滞ってしまうことで、むくみになりやすいとされています。

冷えといえば、夏のオフィスの室温設定について、

多くの女性が悩みを抱えているようです。

しかも、女性は男性よりも筋肉量が少なく、

血液を心臓に押し戻すポンプ機能が弱いため、足がむくみやすいので注意が必要でしょう。

むくみに対する予防

むくみのメカニズムと原因がわかれば、

日常のちょっとした工夫で予防することができます。

まず、同じ姿勢を長時間続けないことです。

デスクワークの方や運転手の方は、ときどき席を立って体を動かしましょう。

また、座ったままでも、足首の曲げ伸ばしやふくらはぎの筋肉を動かすだけでも、

むくみ予防につながります。

立ち仕事や通勤の途中に、かかとを上げ下げすることも、効果があります。

つまり、むくみの原因となりやすい生活を改善することが大切です。

入浴時に、ふくらはぎのマッサージや、

シャワーの水流でふくらはぎを刺激することも効果的です。

この時に注意すべきは、揉むというよりも撫でる感覚で、血行を促進させることです。

むくみも、一過性のものであれば、

それほど心配することはありませんが、むくみが数日間続く、

足の血管がボコボコと浮き出ている、足に痛みがある、

尿の出が悪い、坂道や階段で息が切れる、疲れやすい、

などの場合は、「静脈還流障害」などの可能性もあるので、早めに対策しましょう。

加古川市のひだまり鍼灸整骨院では手技での施術はもちろん、

血液の流れや筋肉の硬さを改善させるために

鍼灸の施術やハイボルテージの施術もさせていただいています!

またご自宅にて簡単にできるストレッチやトレーニングもお伝えしています!

1つご紹介するとすれば壁に足を挙げるストレッチになります。

足を上に挙げることにより、

ふくらはぎやくるぶしに溜まった血液や老廃物を心臓に返していきます。

ただやりすぎると、足が痺れてきたりするので注意が必要です。

季節の変わり目は油断しやすい】秋に足がむくむ原因は?むくみを翌朝に残さないための3つの習慣 | ヨガジャーナルオンライン

僕たちと一緒に痛みや今回お伝えした【むくみ】等のお悩みを改善、予防していきましょう!

気になった方、実際にお困りの方、一度ご連絡くださいね!

 

【肩こり】【腰痛】【頭痛】【スポーツ障害】【骨盤矯正】【交通事故治療】

でお悩みの方は、

加古川市のひだまり鍼灸整骨院へ

〒675-0038

兵庫県加古川市加古川町木村65-5

TEL 079-425-8292

ご予約は、

お電話、もしくは24時間対応のLINEでお願いします!

LINEID:uav7511w

柔道整復師・鍼灸師 宮原洋平 監修

 

 

首や肩の痛み…増えてます…!

2022年05月27日

こんにちは!

加古川市のひだまり鍼灸整骨院の片山です!

「仕事をすると首がしんどい、痛い」

「スマホをずっと使っていたら首が痛くなってきた」

コロナのご時世になり日常生活や仕事で

パソコンやスマホを使う機会が急速に増加した影響で、

首を下に向ける姿勢を保つ事が多くなってきました。

それにより、首の痛みを訴える人の数は右肩上がりに増えてきています。

首の痛みに関連する症状名は

「頚椎椎間板症」「頚椎椎間板ヘルニア」、

「頚部脊柱管狭窄症」「変形性頚椎症」「頚椎症」など、

多々ありますが、症状の原因として共通するのは

首と肩、背中回りの硬さです。

たかが首の痛みと軽くみていると症状はどんどんと悪化してしまいます。

硬さがひどくなると、

吐き気やめまい、耳鳴り、目のかすみ、手のしびれや腕の痛み

などの症状が出てくることになり、

日常生活に支障をきたすようになってきます。

成人の頭はおよそ体重の10%程度といわれており、

体重が50㎏の人であれば5㎏程度、

60㎏の方であれば6㎏程度といった重さであるといわれています。

非常に重たい部位なのです。

重たい頭を支える首には、大きな負担が常にかかってしまいます。

ただでさえ重たい頭ですが、

パソコン作業やスマホを操作するときの負荷は平常時とは比べ物になりません。

本来であれば、頭の重さを首、肩、背中で主に支えることになりますが、

パソコンやスマホを意識せずに持つと身体の前方下方向になります。

その画面を見ようとした場合に、首は下向きの顎が前に突き出た状態になります。

この時、重たい頭を支え続けるため、主に首には大きな負荷がかかってしまいます。

首の痛みや辛さを訴えると、

首や肩周りだけ集中的に施術を受けることが多いですが、

それだけでは首の痛みは改善しません。

人間の身体は各部位で密接につながっています。

痛みを発する部位だけが痛みの根本原因である事はほとんどありません。

首の場合も同様です。

加古川市のひだまり鍼灸整骨院では、

首に痛みや辛さがある場合に、

関係してくるのは首と肩の筋肉はもちろん、

これらを支えている肩甲骨の位置や根本である日常の姿勢の悪さを施術していきます。

なぜ姿勢から施術していくかというと、

筋肉を硬くさせる原因になるからです。

問診より症状の確認をさせていただき、施術に入ります。

また、施術後の良い状態が維持できるように

ご自宅にて簡単に行えるストレッチもお伝えしております。

硬くなっている筋肉はもちろん、

根本の姿勢を含め、僕たちと施術していきませんか?

実際にお困りの方、気になった方は1度ご連絡くださいね!

【肩こり】【腰痛】【頭痛】【スポーツ障害】【骨盤矯正】【交通事故治療】

でお悩みの方は、

加古川市のひだまり鍼灸整骨院へ

〒675-0038

兵庫県加古川市加古川町木村65-5

TEL 079-425-8292

ご予約は、

お電話、もしくは24時間対応のLINEでお願いします!

LINEID:uav7511w

柔道整復師・鍼灸師 宮原洋平 監修

肩が痛すぎて眠れない…。

2022年05月20日

こんにちは!

加古川市のひだまり鍼灸整骨院の亀田です。

「最近肩が動かしにくい」

「夜寝る前、ベッドや布団に横になると肩が痛い」

このような症状でお困りの方!

五十肩かもしれないと思われることが多いかと思いますが、

もしかしたら肩の組織の1つである

【腱板】

に何か原因があるかもしれません。

「肩の痛みで眠れない」「肩は挙げれるが痛みがある」「じっとしていても肩が痛い」

という症状がある方、「腱板損傷」の可能性があります。

その「腱板損傷」について、詳しくお伝えさせていただきます。

まず腱板損傷は、

棘上筋腱・棘下筋腱(肩のインナーマッスル)に起こる場合が多く、

主にそういった筋肉が硬く可動域を失うもしくは衰弱し、発症するとされています。

なので60歳以上の中高年に多い疾患です。

若年者では、スポーツ選手で強く大きな外力が加わった場合に発症するが、

そこまで頻度は多くありません。

受傷当初は、腱板の損傷による肩峰下滑液包の炎症により、

安静時や夜間時痛があります。

腱板損傷の患者様で「夜痛みで眠れない」と言われる人が多いです。

このように夜間痛があると症状としては進行していると考えられます。

時間の経過とともに炎症は落ち着きますが、

肩峰下インピンジメントによる痛みやひっかかり感、

また脱力現象などの機能不全があります。

五十肩のような肩の大きな可動域制限はあまりないですが、

肩を挙げる時に力が入らなくなったり、外側から挙げる際に痛みが出ます。

腱板断裂 – おおつか整形外科BLOG

加古川市のひだまり鍼灸整骨院では、

まずどういった症状があるか、問診にて検査を十分に行い、

今の症状の状態を把握した上で施術をしていきます。

発症当初の方で痛みが強く夜が眠れない状態の場合、

腱板に関わる筋肉に対し、ハイボルテージの施術をさせていただきます。

ハイボルテージの施術は、

手技での施術では届きにくい筋肉を

動かしながら緩める特殊な電気になっており、

除痛の効果がとても高く、改善した後の予防としても効果があります。

また、症状の強さによっては鍼灸の施術をさせていただくことがあります。

鍼灸の施術では腱板に関わる筋肉はもちろん、

そこを支えている筋肉に対しても施術が可能になる為、

痛みを改善させる手段としてお伝えしています。

鍼灸と聞くと痛いのか?血が出るのか?などなど

質問をよく伺いますが、する際にはしっかり説明させていただきます。

そして痛みが改善してきたから大丈夫ではなく、

重要になってくるのがその後のトレーニングです。

緩めて痛みを出さなくなった筋肉を鍛えることで、

再発防止(今後の予防)をしていきます。

腱板損傷の場合、腱板に関わる筋肉を中心に強化していきます。

腱板損傷の早期改善には、早期の正確な施術が重要です。

実際に症状にお困りの方はもちろん、

少しでも肩に違和感があれば、加古川市のひだまり鍼灸整骨院にご相談くださいね!

 

【肩こり】【腰痛】【頭痛】【スポーツ障害】【骨盤矯正】【交通事故治療】

でお悩みの方は、

加古川市のひだまり鍼灸整骨院へ

〒675-0038

兵庫県加古川市加古川町木村65-5

TEL 079-425-8292

ご予約は、

お電話、もしくは24時間対応のLINEでお願いします!

LINEID:uav7511w

柔道整復師・鍼灸師 宮原洋平 監修

 

 

胸椎(背骨の中でも胸部)の動きが悪いと…。

2022年05月13日

こんにちは!

加古川市のひだまり鍼灸整骨院の山田です!

突然ですが、最近このような症状にお困りでないですか?

・背中や胸の前がムズムズする

・背中を反らしたときに背中に痛みが出る

・ゴルフや野球等のスイング時の動きが硬い

・背中が丸くなり周りの方から猫背ですね。と言われる

・最近体力の衰えか息がしずらい

このような症状で一つでも当てはまるのであれば、

その症状はもしかしたら胸椎(背骨の中でも背中の部分)付近に

何か原因があるかもしれません。

「加齢や運動不足が原因で起こっているから大丈夫」

という風に思っている方も多いかもしれません。

あまり気にせず、「普通に過ごしていると痛みが落ち着くだろう」と

安易に考えているとこれから先、

上記の様な症状で長いこと悩むことになるかもしれません。

胸椎から関連する症状とは、主にどういったものなのか詳しく見ていきましょう。

胸椎は背骨の胸部付近にあり12個の骨が重なり、

後湾(胸を張る様に)を成して構成されています。

胸椎の捻りや背中を反らす動きなど、

ねじれや歪みが間接的に影響を及ぼす可能性があります。

胸椎の構造上、内側に自律神経が通っている為、

関節の捻れや歪みが生じてしまうとそこの筋肉が神経を圧迫したり

炎症を起こしてしまう為、過度にかゆみや痛み、

もしくは慢性的な違和感も残してしまいます。

これらは同じ長時間の姿勢をとることで硬くなった筋肉が短縮し、

捻れや歪みをつくり胸椎の元の形を崩してしまうことから発生します。

例えば長距離運転手、デスクワーク、立ち仕事の多い職業、

ずっと目線が下を向いていることが多い方、また疲労やストレスを抱えている方も

背中が丸くなりストレートネックのような姿勢をとる方が多いので

こういう人たちによく見られる症状です。

むずむずしたりかゆみが出たり過剰な反応がするのは

神経や血管などが背中の周りの筋肉が圧迫され発生していることが1つ考えられます。

施術としましては、

まず胸椎の可動域を改善していくことが重要だと考えます。

自宅で行う簡単なストレッチや、トレーニングでも多少の効果はありますが

症状が出ている方の多くは筋肉が強く硬くなってしまっているため、

周りの動かない筋肉を無理やりトレーニングやストレッチを行ってしまうと

更に痛みを強くしてしまったり、怪我をしてしまう恐れもあります。

まずは筋肉の柔軟性を向上していくために、

筋肉の固くなっている部分をしっかり施術していくことが大切です。

加古川市のひだまり鍼灸整骨院では、

頭から骨盤にかけての脊柱起立筋という姿勢の保持に関わる筋肉を

腰から頭にまでかけて緩めていきます。

また肋骨と背骨周辺の筋肉が肋骨や胸椎の動きを邪魔しているため

前鋸筋や肩甲下筋、菱形筋といった細かい筋肉まで

しっかり施術を行い肋骨や胸椎の動きを出していきます。

加えて、加古川市のひだまり鍼灸整骨院では

筋肉を硬くさせる原因の1つとして

日常の「姿勢の悪さ」

を改善できるようにも施術しております。

その施術が【姿勢矯正】になります。

今どういう姿勢になっているのかを説明させていただき、

動かせる可動域を拝見したうえで姿勢の矯正をしていきます。

また、姿勢的に背中が丸くなりやすいのに対し

背中周囲のみ施術をしていても改善に限界がある為、

必要に応じてお尻から下の下半身の筋肉も施術していくこともあります。

その際、

ご自宅にて簡単に行えるストレッチやトレーニング等後々お伝えしていきます。

大きな症状になる前に、楽しく運動が続けられるように、

僕たちと一緒に改善させていきませんか?

実際にお困りの方、気になった方、1度ご連絡くださいね!

【肩こり】【腰痛】【頭痛】【スポーツ障害】【骨盤矯正】【交通事故治療】

でお悩みの方は、

加古川市のひだまり鍼灸整骨院へ

〒675-0038

兵庫県加古川市加古川町木村65-5

TEL 079-425-8292

ご予約は、

お電話、もしくは24時間対応のLINEでお願いします!

LINEID:uav7511w

柔道整復師・鍼灸師 宮原洋平 監修

 

 

 

放ったらかして改善すると思っていませんか?

2022年05月6日

こんにちは!

加古川市のひだまり鍼灸整骨院の片山です!

半月板損傷についてです。

半月板損傷(はんげつばんそんしょう)とは、

膝の関節の「半月板」と呼ばれる軟骨がスポーツや、

交通事故などの、加齢による怪我、変形などにより

損傷または断裂した状態をいいます。

半月板はわかりやすく伝えると大腿骨(太ももの骨)と

脛骨(すねの骨)の間にある軟骨です。

膝関節の内側にある「内側半月板」

外側にある「外側半月板」があり、

クッションのように膝にかかる衝撃を吸収し、

歩行時や体重がのしかかる際の負担を軽減し、

膝が円滑に動くようにサポートしています。

その2つの中でも損傷しやすいのは「内側半月板」です。

半月板損傷はスポーツ交通事故などの怪我によるものが多く、

膝に体重がかかった状態で左右に捻ったり、

走ってる際に膝の横から蹴られた等…、

衝撃が加わることで傷つきます。

サッカーやラグビー等のスポーツをされている方や

介護士さんや建設の現場の方等…

肉体労働者など、特に若い男性に多く見られます。

また、高齢者では過去に大きな怪我がなくても、

加齢や運動不足等により

膝のクッション機能が低下すること、

急に膝を捻った場合、同様に半月板の損傷がみられることがあります。

該当するのは高齢の女性の方が多いように思います。

また、生まれつき半月板が変形を起こしやすい場合があり、

比較的若い女性に多く見られます。

半月板損傷の主な症状は、

・疼痛(疼くような痛み)

・腫脹(むくみ・腫れ)

圧痛(押すと痛い)、

・膝が曲がりずらいため歩きにくい

・突然膝が引っ掛かり動かなくなる(ロッキング現象)

などが現れます。

半月板損傷は、構造的な症状であり

放置しても治ることはなく、むしろ進行してしまいます。

さらに、症状が進行すると膝関節が変形してしまう

「変形性膝関節症」に移行し、

痛みや腫れによって歩くために重要な膝の曲げ伸ばしや、

円滑な運動が制限されます。

痛みが一度は引いたとしても、膝の痛みは放置せず、

整骨院の受診をおすすめします。

半月板損傷は症状の進行によって治療法が変わります。

加古川市のひだまり鍼灸整骨院では、

痛みや腫れが強い急性期には、

安静のためテーピングやサポーターをお勧めし、

動きを制限させることがあります。

ずっとずっと動きを制限させていても、

症状はよくならない為痛みや腫れの強い急性期が主です。

慢性期の痛みに対しては、

手技での施術に加え鍼灸の施術やハイボルテージの施術を行い、

手技ではなかなか届かない筋肉や組織に対して施術をしていきます。

膝の痛みも放っておくと大きな症状、

繰り返しやすい症状に繋がってくる為、

正しく施術していくことをお勧めします。

実際にお困りの方、違和感等でも症状が出ている方、一度ご連絡くださいね!

 

【肩こり】【腰痛】【頭痛】【スポーツ障害】【骨盤矯正】【交通事故治療】

でお悩みの方は、

加古川市のひだまり鍼灸整骨院へ

〒675-0038

兵庫県加古川市加古川町木村65-5

TEL 079-425-8292

ご予約は、

お電話、もしくは24時間対応のLINEでお願いします!

LINEID:uav7511w

柔道整復師・鍼灸師 宮原洋平 監修

 

 

足がつるのは何で?

2022年04月29日

こんにちは!

加古川市のひだまり鍼灸整骨院の山田です!

最近施術していて、『運動中や就寝中に足がつる』

と言われる方が多くいらっしゃるので

この症状に対して考えられる原因や予防等お伝えしていきます!

そもそもどうして急に足がつるのでしょうか?

こむらがえりの「こむら」とは「ふくらはぎ」のことを指します。

名称の通りこむら返りは、

太ももの前側や太ももの後ろ側をはじめ、

足の裏等で起こりやすいですが、主にふくらはぎで発症します。

一般的には『足がつった』と言われます。

こむら返りは、

日々のストレッチ等のケア不足や

座りっぱなしの状態で活動していない時間が長くなる等が理由となり、

ふくらはぎの筋肉が異常に収縮し、

痙攣(けいれん)を起こすことで強い痛みを伴います。

運動中や就寝中に発症することが多いですが、

ほとんどの場合は数分間でおさまります。

それでは、なぜ足がつるという症状が起こるのでしょうか?

いくつかご紹介していきます。

 ①発汗などによる脱水

運動等で大量に汗をかくと、脱水状態になることがあります。

大量に汗をかくと、

筋肉や神経の働きを調整している血液の中の

カルシウム・マグネシウムなど、ミネラル(電解質)

のバランスが崩れてしまう事があります。

身体の水分が不足することにより

筋肉を安定させている電解質が不足すると、

筋肉は十分な代謝を行うことができなくなります。

このような状態が続くと、足がつるリスクが高くなります。

 ②極度の疲労

疲労やストレッチ等のケア不足によって

筋肉が異常収縮を起こすことで痙攣が起こる場合もあります。

日頃使わない筋肉を酷使したり、

過度の労働や運動をしたりするのも、

足がつりやすくなる一因です。

また、睡眠時間が十分に取ることができていない場合でも

回復力が下がる為、筋肉が収縮しやすくなります。

 ③身体の冷え

身体が冷えると血行が悪くなります。

血行が悪くなると静脈内に血液が停滞してしまい、

血液中にあるミネラル(電解質)に異常が生じ、

ふくらはぎの筋肉に異常な収縮が起きると考えられています。

発汗などによる脱水や

ミネラル不足が原因となって足がつる(こむら返り)が起こります。

運動で足がつる場合は水分不足などが原因となり、

寝ている最中に足がつる場合は

疲労やストレッチ等の不足による筋肉の収縮が原因となっているようです。

足がつる症状を慢性化させないためには、予防策が大切です。

それでは足がつらないようにする予防策をご紹介いたします。

人によって症状が起こる条件が異なるので、自分に合った方法を試してみましょう。

・就寝前などにストレッチをする

・適度な運動をする

・疲労を溜めないようにする

・体を冷やさないようにする

・水分と電解質などを補充する

・お酒やコーヒーの摂取量を抑える

・栄養バランスのいい食事を摂る

・睡眠時間を十分に確保する

足がつるのは、筋肉が極度の疲労などで

緊張状態に置かれることが主な原因となっていると言えます。

そのため、疲労回復を早めるために

足の血行を促進してあげることが最善の予防策であるといえます。

足の血行を促進するためには、運動の前後や寝る前にストレッチを行うことが大事です。

足に血液を送る筋肉としましては

太ももの前後の筋肉や膝裏の筋肉等ありますが、

お尻の筋肉が主に働く為、

まずはお尻の筋肉を伸ばすように心がけましょう!

また、入浴時は湯船に浸かる方がすごくいいですが、

最悪足湯で足周辺の体温を高めるだけでも

血行の改善に効果があります。

血行の改善以外では、

マグネシウムやカルシウムなどの

不足しがちなミネラルを補給することが効果的です。

お酒やカフェインの摂取量を減らし、

水やお茶を飲む様にしましょう。

また一度にたくさんの量を摂取するのは身体によくない為、

こまめに摂取するようにしましょう。

加古川市のひだまり鍼灸整骨院では、

手技での施術はもちろん、施術の中でストレッチを取り入れたり、

またご自宅にて簡単に行えるストレッチや、

トレーニングも必要に応じてお伝えしていきます!

実際に症状にお困りの方、気になる方、

僕たちと一緒に症状を改善、予防をしていきませんか?

【肩こり】【腰痛】【頭痛】【スポーツ障害】【骨盤矯正】【交通事故治療】

でお悩みの方は、

加古川市のひだまり鍼灸整骨院へ

〒675-0038

兵庫県加古川市加古川町木村65-5

TEL 079-425-8292

ご予約は、

お電話、もしくは24時間対応のLINEでお願いします!

LINEID:uav7511w

柔道整復師・鍼灸師 宮原洋平 監修

 

痛みがつらい…そんな時は!!

2022年04月23日

こんにちは!

加古川市のひだまり鍼灸整骨院の山田です!

 

最近肩の痛みがひどい。腰痛がつらい。特に思い当たる原因もない。それは背骨の歪みが原因かもしれません。背骨が歪むと体のあちこちに痛みを生じさせます。

背骨は身体を支える大事な骨格のです!

その背骨が歪んでしまうと様々なデメリットが身体に現れます。

(1)腰痛

(2)肩の痛み

(3)頭痛

(4)骨盤の歪み etc..

このように背骨の歪みは様々な危険をもたらします。

では、なぜ背骨が歪んでしまうのでしょうか?

背骨の歪みは日常生活でのクセが積もって歪んでしまいます。

(1)長時間の同じ姿勢

デスクワークなどの際に左右どちらかにかたよった姿勢をとったり、足を組んだりすることがこれにあたります。

(2)横座り

これは女性の方に多い座り方ですがこの座り方は骨盤が片側に歪み、それが背骨の歪みに繋がります。

(3)片方への体重の負荷

長時間片足重心での姿勢が続いていると背骨の歪みに繋がります。etc..

当院では「骨と筋肉の力学や習性」を利用した背骨・姿勢バランス調整を行っています!

即効性があり、一回の治療で今までの痛みが嘘のように軽減することも珍しくありません。

悪い状態が長期に続いている方は初めは背骨・姿勢バランス調整を受けても変化は感じにくいですが継続して行うことによって少しづつ良くなります!

 

【肩こり】【腰痛】【頭痛】【スポーツ障害】【骨盤矯正】【交通事故治療】

でお悩みの方は、

加古川市のひだまり鍼灸整骨院へ

〒675-0038

兵庫県加古川市加古川町木村65-5

TEL 079-425-8292

ご予約は、

お電話、もしくは24時間対応のLINEでお願いします!

LINEID:uav7511w

柔道整復師・鍼灸師 宮原洋平 監修

 

お問い合わせはこちら | 加古川市加古川町 ひだまり鍼灸整骨院

0794258292

TOPへ戻る